image

以前に関西乗車券研究会発行の南海高野線の料金券 上巻・下巻と言う書籍を購入したネタを御紹介しましたが同会から南海に因んだ最新刊「きっぷと資料で見る南海電気鉄道 南海線の歩み」が発売され私も購入しました。明治18年/1885年の創業時からの年表とともに過去の貴重な切符や資料が満載の一冊となっています。昔懐かしい切符もあればわずか数年前に発売されながら入手していない切符もあり切符の奥深さを垣間見れた一冊でした。定価¥2,500円と安月給な私には高価な一冊でしたが値段以上の内容かと思います。詳しくは関西乗車券研究会ホームページにて。 → 当該ページへ

01

きっぷと資料で見る南海電気鉄道 南海線の歩み
・富山大学人文学部日本語学研究室発行
・令和2年8月発売
・定価:¥2,500円

◆ 鉄の浪漫に魅せられて - http://railway.mynikki.jp
◆ 南海電車の資料集 - http://nankai.main.jp