image

とあるブログでサークル狭軌の沙汰発行の同人誌が紹介されており私も一番興味あった「いぶし銀の沙汰」を購入しました。内容は間もなく廃車予定の6000系全車両の紹介、まずは簡単に6000系の紹介、6000系は昭和37年/1962年12月25日から営業運転を開始、1969年までに72両が新造されました。東急車輛製造にて日本で初めてのオールステンレス車、しかしながら令和5年度までに新造車に代替する予定です。

さて本誌では6000系全72両の編成写真や銘板が全て掲載されておりあっぱれの一言に尽きる内容でした。6000系は既に昨年末より廃車が始まっており、今では撮影できないモノばかりです。また「はしっこらむ」と言うコラムページには非常にマニアックな内容が掲載されており私も知らない事ばかりでした。

改めて間もなく廃車される6000系、本誌を拝読し新たな知識を得てもう一度乗ってみようと思います。なお本誌は定価¥1,800円で通信販売も行われています。詳しくはサークル狭軌の沙汰ホームページにて。 → 当該ページへ

スキャン_20200912

いぶし銀の光跡
・サークル狭軌の沙汰発行
・平成30年12月31日発売
・定価:¥1,800円

◆ 鉄の浪漫に魅せられて - http://railway.mynikki.jp
◆ 南海電車の資料集 - http://nankai.main.jp